バルパライソ日系人協会は2003年に設立された、

日本文化と伝統を南米チリで継承し共有することを

目的とした非営利団体です

日系人だけでなく、日本との繋がりがある方、人種、年齢、性別、宗教問わず受け入れるオープンな組織です。様々な活動やイベントを通してバルパライソ州で日本文化の共有し伝承を行っています。

主な活動

基礎日本語学習

一般成人を対象とした基本的な文型を簡単なものから難しいものへと積み上げ、聞くこと、話すことを中心に学習する総合教材「みんなの日本語」を使用して初級1〜初級5までのレベルを教えています。

一般的な会話能力の習得と日本語能力試験(JLPT)のレベルアップを目的に授業を実施しています。

日本文化イベント

新年会、バルパライソ日本祭り、国立庭園でのお花見など1年を通して様々な文化イベント開催しております。10名の小規模イベントから5000人超の大型イベントも開催しています。次回のイベントにご参加されたい方は本協会のFacebookイベントページで最新のイベント情報を確認できます。ボランティアとして参加されたい方メールにてお問い合わせください。

ボランティア活動

バルパライソ地域の大型お掃除、文化イベント、日本チリ友好記念に関するイベントのお手伝い、災害ボランティア、病院に送る千羽鶴など本協会の様々な活動の基盤となっているのはボランティアの皆様です。

ボランティアなりませんか?

お問い合わせフォームをご記入ください

年間行事

当協会の歴史

  • 1992年
    交流の場を目的にバルパライソ在住の日系人たちがバルパライソ日系人友の会を設立。文化交流、運動会、社交会等を実施。
  • 1999年
    第10回パン・アメリカン日系人大会を共同開催
  • 1997年
    日智友好100周年記念イベントを開催
  • 2003年6月4日
    バルパライソ日系人協会として法人化
  • 2010年”
    チリ国立公園に桜の木45本を寄付
    正式にバルパライソ日系人協会のお花見がスタート

今年の理事会の方針

当協会の理念と伝統を元にバルパライソ州の日系コミュニティーを盛り上げ、活性化することを第一プライオリティとし、新たな交流と参加の場、チリの日本文化発信元として頑張って行きますので今年も宜しくお願いいたします。

サンチェス春子

会長

広瀬ロベルト

副会長

フェルナンド・ガルシア

秘書

カレン・イダルゴ

財務担当理事

村岡里奈

理事・日本語教育

アルトゥーロ・オッセス

理事

上杉ゆき

理事

打村明

元会長理事

恊働団体・協力組織

バルパライソ日系人協会では様々な活動を行っていますが今後更に発展するためにみなさまの協力が必要です。私たちとコラボしてみませんか?

今後とも宜しくお願いいたします